今年の締めくくりはやはり有馬記念で。

いよいよ第61回有馬記念が行われます。有馬記念と聞くともう本当に今年も終わりだなと感じます。さて、今年の有馬記念中山競馬場芝2500メートルではどんなドラマが待ち受けているのでしょうか?今年の競馬の収支はいかがでしたか?大きくプラスになった人も大きくマイナスになった人も有馬記念で有終の美を飾りましょう。

さて、有馬記念に出走するメンバーはとても豪華ないいメンバーが揃いました。その中でも人気になりそうな馬、有力馬、1発逆転を狙って大穴まで何頭かご紹介していきたいと思います。

まず1番人気になりそうなのが、1枠1番キタサンブラックです。ご存知の方も多いですが、キタサンブラックのオーナーはサブちゃんこと北島三郎さんです。武豊騎手とのコンビで今年の天皇賞春、そしてジャパンカップを制した今年最も安定した力をみせてくれた馬です。

馬の力も相当ですが、鞍上の武豊騎手の手綱捌きのうまさが融合していてかなり強いという印象です。1枠1番ということで他に前に行く馬がいなければ逃げるでしょうし、他に行く馬が入れば控えても競馬が出来るのでかなり有力な1頭と言えます。

次に注目される馬がサトノダイヤモンドです。3歳世代では最強と言っていい馬で前走の菊花賞でG1初制覇しています。鞍上はルメール騎手です。この有馬記念唯一の3歳馬で古馬との初対戦となりますがどんなレースをみせてくれるのか非常に楽しみです。また、斤量も55㎏ですので古馬と互角に渡り合える可能性は高いと思います。

有馬記念で1発逆転を狙って大穴をという方におすすめの1頭が、アドマイヤデウスです。鞍上に岩田騎手です。アドマイヤデウスの印象は?と聞かれるともうワンパンチ足りないという人が多いのではないでしょうか?しかし、近走の成績をみると1発あってもおかしくないのではないかと思います。まず、3走前の天皇賞春では勝ったキタサンブラックから0.6差。2走前の京都大賞典ではキタサンブラックと0.0差の2着に、前走も天皇賞秋で勝ったモーリスに0.6差と大きく負けてはいません。

展開ひとつで1発あってもおかしくないのではないでしょうか?
また、大穴までいかない単穴としては、大外に入ったマリアライトです。鞍上が蛯名騎手です。この馬は宝塚記念で、ドゥラメンテに勝ったレースが印象的でした。また、この有馬記念がラストランになるということで当然陣営も渾身の仕上げとなるでしょう。こちらも展開ひとつで突き抜けてもおかしくないと思います。さて、あなたはどの馬を応援しますか?