チャンピオンズカップの注目馬

昨年からチャンピオンズカップに名称が変わり、コースも中京ダート1800メートルに変わりました。レースの傾向はないものの、中京ダート1800メートルは逃げ・先行が圧倒的に有利なコースで、追い込み馬には厳しいのではないかと思います。

おそらくホッコータルマエ、コパノリッキー、ノンコノユメの3頭が人気になると思いますが、この中ではホッコータルマエがかなり有力ではないかと思い、予想でも本命としています。JBCクラシックでは3着でしたが、この馬は休み明けは勝ったことのない馬。昨年もJBCを叩いて本番では勝利しました。昨年勝っているのでコース適性は問題なし。死角が少ない馬なので、今年も有力候補ではないかと見ています。

コパノリッキーは昨年と同じJBCクラシックを勝利してチャンピオンズカップに臨みます。昨年は出遅れがすべてでした。今年は同コースで行われた東海ステークスを圧勝していますし、ケガ明けを叩いて3戦目で状態面も良いでしょう。コーリンベリーとの先行争いは気になりますが、普通に走れば勝ち負けでしょう。

逆にノンコノユメは今回は厳しいのではないかと思います。追い込み脚質だけに中京ダート1800メートルへの適性はどうかと思いますし、武蔵野ステークスは58キロの斤量を背負いながら勝利したのですが、負荷のかかる競馬だったと思います。そこから中2週ですし、ジャパンカップダート時代から3歳馬が有利なレースではありません。なので今回は厳しい条件だと思いますが、これで勝てばダートでは最強クラスの実力を持っているのではないかと思います。

その他ではローマンレジェンドは昨年3着でした。7歳の年齢がどうかと思いますが、やはり実力のある馬なので今回も注意が必要。みやこステークスでもタイム差無しの競馬でした。サウンドトゥルーは前走ではホッコータルマエに先着しても2着でした。ジュライステークスでこのレースを勝っているのですが、やはり追い込み脚質なので条件としてはなかなか厳しいのではないかと思います。
ホッコータルマエとコパノリッキーの2頭が中心ですが、今回は休み明けを叩いた分、ホッコーが連覇する可能性は高いのではないかと思います。